TOP へ





◆◆ お菓子作りで困ったらコチラも参考にしてください。
◆◆ 材料でわからない物があればコチラ





    作り方に生地を休ませるとありますが、必ず休ませるのですか? また、なぜ休ませなくてはいけないのですか?
冷蔵庫に入れて、生地を休ませるのは、薄力粉の中のグルテンを落ち着かせ、形成しやすくする為です。生地を休ませることによって、生地の練り気がなくなり、麺棒でのばしやすくなりますし、型抜きがしやすく、棒状のクッキーもカットしやすくなります。作業途中で、生地がだらけてきたら、その都度冷蔵庫でしっかり冷やしましょう。

    スフレチーズケーキが2層に分かれてしまいます。上はふわふわなのですが・・・
それぞれの材料が良く混ざってないことが原因です。
バターとクリームチーズを温め溶かしておきますが、バターとクリームチーズをホイッパーでよ〜く混ぜて、冷えないように湯せんで温めておくことが重要です。温めた牛乳を加えるときも一度に加えず、少しずつ混ぜながら加えてくださいね。

    プリンが全然固まりません。なぜですか?
1、卵はよくかき混ぜる。
卵は泡立てない程度によく混ぜます。液体のように流れる感じになるまでです。プリンは卵の力で固まるので、牛乳となじむようにしっかり混ぜます。
 
2、オーブンの温度・時間は正しいですか?
プリン液を入れる容器の大きさによっても加熱時間は変わってきます。容器が大きくなるほど加熱時間は長くなります。
    スポンジケーキの生地を人肌くらいにあたためるとありますが、なぜですか?
生地を人肌に温める理由は 砂糖を溶かすこと もう1つは 溶かしバターを加えるときに 生地が冷えているとバターが生地の中で固まってしまうのを防ぐためです。
そして卵の泡立てをよくするためです。
    メレンゲができません。泡ばっかりで角が立たないんです。
1、卵白はあらかじめ冷蔵庫で冷やしておきましょう。
2、室温が高い場合は、氷水に浸しながらメレンゲを作るといいです。
3、ボールや泡だて器に油分や水分などの汚れがついていると泡立たないので、きれいな道具を使いましよう。卵黄が入っていてもできないですよ〜
    蒸しケーキが、全然膨らみません。
1、薄力粉とベーキングパウダーを良く合わせ、2回はふるいにかけましょう。
2、粉を加えてからは、練らないよさっくりと、粉っぽさがなくなるまでやさしく混ぜましょう。
薄力粉は、水分を含んでから混ぜ過ぎると粘り(グルテン)が出て、生地が膨らみません。
粉を入れてからは、粉っぽさがなくなる程度に混ぜてくださいね。

天ぷらも混ぜすぎるとカラッと揚がらないのと同じ原理です。
さっくり混ぜるようにしてくださいね。
    シューがうまく膨らみません。
シューを作る時に一番大切なのは、シュー生地の硬さです。
3個の卵を4回くらいに分けて加えますが、生地が硬いようなら+αの卵を必ず使ってください。生地の理想的な硬さは、木ベラでしっかりすくうことができて ぼて〜っと流れ落ちるくらいがベストです。
生地が、温かいうちに絞れるように手早く行ってください。生地が冷めてしまうと生地の硬さを見極める事が難しくなるためです。
後は、オーブンに入れる前に必ず霧吹きをしてください。水分は、シューの膨らむ原動力になります
    スポンジ生地が硬くなってしまいます。どうしてですか? 
1、たまごは、白くもったりとし、生地をすくってみるとリボン状に落ち、跡が残るくらいまで泡立てます。
2、砂糖を加えてから、湯煎にかけますが人肌くらいになったら必ず湯煎からはずしましょう。湯煎にかけすぎると弱い生地になりますよ。
3、粉を加えるときは、2〜3回に分けて必ず振りながら加えます。一度に加えるとダマが出来やすくきれいに混ざりません。混ぜるときは、切るように混ぜるのではなく底からすくい上げ、粉をはじく様な感じで混ぜます。左手はボールを手前に回しながらリズムよく丁寧に混ぜます。
4、牛乳・サラダ油を加えるときは、40℃くらいに温まった物を使います。冷たいものはうまく混ざりません。
5、型に流しいれるとき、最後に残った生地は気泡が潰れているので、型の周囲に入れるようにします。真ん中に入れるとへこんでしまう恐れがあります。
6、オーブンは、必ず設定温度まで温めておきます。生地ができたらすぐに焼けるようにしておきます。時間が経つにつれ気泡は崩れていきます。焼いている途中にドアを開けるとオーブン内の温度が下がり、せっかく膨らんだ生地が沈んでしまいます。焼きあがるまでは絶対に開けないでね。
    クレープを薄く焼くコツありますか??
直径18pくらいのフライパンに薄くバターを塗り、おたまで生地を流しいれます。フライパンを動かして生地が全体にいきわたったら、余分な生地はボールに移しておきます。そうすると薄いクレープができます。だんだん慣れてくると1枚分の生地の量がわかるようになってきます。。
私は大きなフライパンしかないので、オタマで生地を流し込んで、中心からだんだん大きな円を描くように生地を伸ばしていきます。毎回同じ量の生地を流せば同じ大きさのクレープができます。
    スフレチーズケーキをオーブンから出すとしぼんでしまいます。どうしてですか?
スフレチーズケーキは焼いているときは、どんどん膨らみますが、オーブンから出すと焼く前の高さと同じくらいの高さまで沈みます。
だから、沈んでも失敗じゃないんですよ。
    シフォンの底の部分が凹んでしまいます。
1、生地を流しいれるときは、空気が入らないように一気に流しいれます。
2、生地内の気泡を除く為に天板に叩きつけますが、強く叩きすぎてはいけません。(竹串でぐるぐる回したほうが、いいかも・・・)
3、夏場、暑い時期によく起こるような感じ・・・卵が痩せているからだと言う説もあります。良い卵を使ってみるといいかな。


    シフォンケーキが縮んでしまいます。下の部分が目が詰まったようになってしまいます。
オーブンから出すとシフォンは縮んでしまいます。
オーブンから出したらすぐに10pくらいの高さから型ごと落として
生地の中の熱い蒸気をぬきます。
その後完全に冷めるまで逆さまにしておきます。
下の部分(焼いているときは上の部分)が縮んでしまうのは、型に生地が引っ張られながら冷めていくので型の上の部分はどうしても目が詰まったようになってしまいます。
コレは失敗ではないです。もし気になるようなら 卵黄生地にメレンゲを混ぜ込むとき
少しだけメレンゲを残しておきます。生地を型に流しこんだ後、ボウルに残った生地に残りのメレンゲを混ぜてメレンゲ大目の生地を作ります。それを型の側面に入れて焼くと少しはいいかな。


TOP へ